土屋公雄
352
post-template-default,single,single-post,postid-352,single-format-standard,bridge-core-1.0.6,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled, vertical_menu_transparency vertical_menu_transparency_on,transparent_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-18.2,qode-theme-bridge,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive

土屋公雄

土屋公雄

《内包Ⅰ》《内包Ⅱ》2021年 自然石・アンティークガラス
《海景Ⅰ》《海景Ⅱ》2016年 那智黒石・アンティークガラス
《海景/烏帽子》2019年 那智黒石・アンティークガラス
Photo: Keizo Kioku

土屋公雄
Kimio Tsuchiya

1955年2月2日・福井市生まれ「所在/記憶」をテーマとし、解体された家屋の廃材や灰を素材とした作品を制作。 さらに国内外でその土地や人々の記憶を刻むパブリックアートなどの彫刻作品を制 作。東京・丸ビル正面エントランスに設置された彫刻や、東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑でも知られ、「場」や「地域」の歴史・文化・環境に関わるサイトス ペシフィックなアートプロジェクトを展開してきた。近年は日本の伝統的建築と一体 化した彫刻作品を制作、その空間の持つ記憶や時間とも共振するインスタレーション 作品を発表している。

《海景/烏帽子》2019年
那智黒石・アンティークガラス
330×320×140mm