宮島達男
313
post-template-default,single,single-post,postid-313,single-format-standard,bridge-core-1.0.6,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled, vertical_menu_transparency vertical_menu_transparency_on,transparent_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-18.2,qode-theme-bridge,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive

宮島達男

宮島達男

《Mega Death 1999/2016》
2016年
発光ダイオード、IC、電線、光センサー、ほか
Domus Collection Image courtesy and © the artist Photograph: Alex Davies

Photo: Ari Karttunen / EMMA

宮島達男
Tatsuo Miyajima

1957年東京生まれ。1986年東京藝術大学大学院修了。1988年ヴェネツィア・ビエンナーレ 新人部門に招待され、デジタル数字を用いた作品で国際的に注目を集める。 以来、国内外で数多くの展覧会やパブリックアートを展開している。 近年の主な個展としては、「Connect with Everything」(シドニー現代美術館、2016年)、「Unfinished: Thoughts Left Visible」(The MET Breuer/ニューヨーク、2016年)、「Being Coming」(民生現代美術館/上海、2019)、 「Sky of Time」(Espoo Museum of Modern Art, EMMA/フィンランド、2019)がある。森美術館で開催中の「STARS展:現代美術のスターたち-日本から世界へ」の出展作家の一人にも選ばれ、東日本大震災への記憶を留めるプロジェクトである「時の海-東北」を出品した。

《Life (complex system) No.1》2017年
L.E.D.、IC、イケガミプログラムのマイコン、電気ワイヤー、赤外線センサー、アクリル板、 アルミニウムハニカムパネル、ステンレススチールフレーム
200.2×320.4×13.3 cm
静岡県立美術館蔵

《Counter Void》2003年
ネオン、ガラス、I C、アルミニウム、電線
5×50 m / 1 number 3.2×w. 2.2×6 numbers
Courtesy of TV- Asahi